ターンオーバーを高める

フェイスラインにできるUゾーンニキビ跡は、ホルモンバランスの乱れが主な原因となっており、非常に再発しやすい為正しく対策を講じることが大切です。

 

中でもしこりと色素沈着はデリケートに扱うことが重要となりますが、まず基本となるニキビしこりの治し方とは、余計な刺激を与えないことです。
赤みのあるしこりができてしまうと、何とか目立たないようにしたい一心でこすって潰そうとしてしまいがちですが、そうした行為は悪化の原因となってしまいます。

 

 

また、汗や化粧品の刺激もニキビしこりの悪化の原因となるので、汗をかいたらこまめに拭き取ると共に、刺激の少ない無添加の化粧品を選ぶことも大切です。

 

次に、ニキビ色素沈着の治し方とはターンオーバーを高めることに他なりません。
ターンオーバーは、乾燥を招く間違ったスキンケアの他、ストレスや生活習慣などを原因として乱れてしまいます。
特に、Uゾーンニキビができやすい人は洗顔を過剰に行ってしまいがちですが、洗顔で肌が乾燥すると皮脂の過剰分泌を招き、ますますニキビができやすくなります。
肌を守るのに必要な皮脂をしっかりと残す為に、不要な汚れだけを洗い流してくれる洗顔料を使うようにしましょう。