太ることも

ピルというと避妊薬というイメージを持っている人も多いでしょう。

 

 

しかし、この薬はUゾーンニキビの改善にも役立つと言われており、注目を集めています。

 

 

ピルを飲むことで男性ホルモンの働きを抑えることができますし、女性ホルモンを補う作用もあるため、ホルモンバランスの乱れが原因でできてしまうUゾーンニキビを改善してくれるのです。

 

 

ピルは毎日、同じ時間に飲むことが大切であり、飲み忘れると効果が出にくくなってしまうので注意しましょう。

 

 

効果の出方は個人差がありますが、軽いニキビなら1ヶ月程度で治るとされています。

 

 

しかし、重度のニキビの場合は3ヶ月程度かかってしまうこともあるでしょう。

 

ピルの副作用とは何かということですが、太ってしまうことや倦怠感、吐き気、頭痛、不正出血などといったものが挙げられます。

 

 

体が慣れるまではしばらく副作用が出てしまうこともあります。
しかし、飲んでいるうちに気にならなくなることが多いです。

 

 

ちなみに、ピルは女性ホルモンの一つと深く関係があるため、子宮頸癌や子宮ガン、乳ガンの疑いがある人などは服用できません。
また、喫煙している人なども服用できないことがあるため、しっかりと医師の診断を受けることが大切です。